FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5.手を掴んで自分の昂ぶりに触れさせる

今週の少年ジャンプの表紙を見たら、
思わず目頭が熱くなってしまいました…!!
毎週、近所のスーパーまで歩いて
買いに行った事を思い出します。
そういえば同級生のお姉さんが
「魁!男塾」好きだったなあ(遠い目)

※18禁※「5.手を掴んで自分の昂ぶりに触れさせる」

今ほど自分が男である事を
恨めしく思った事はない。

触れられると、嫌でも反応してしまう。

相手が愛しく思う人物であればなおさら…

「……お願い」

艶めいた声で囁かれ、びくりと身を竦める。

「ユ、ユーゴ…」

激しく狼狽しながら弟の名を呼ぶ。

熱を帯びた瞳が、そんな兄の姿を捕えていた。

「もう…我慢できないんだ」

そう言ったかと思うと、
ユーゴはトールの手を掴んで、
自分の中心へと導く。

「……分かるだろ?」

指先が弟のものに触れた。

自分に劣らない位、昂ぶった男の象徴に。

「…っ!」

小さく息を呑むと、そこから空気が揺らいだ気がした。

どんな僅かな反応でも、即座に相手に届いてしまうような…

指先から伝わる感触が
狂おしい疼きを加速させていく。

(だ、駄目だ……!!)

俺達は―兄弟なんだぞ?

こんな状態は異常だ。

間違っている。

頭の中では必死にそんな言葉が
飛び交っているけれど……

「兄さんだって、」

「!?な、…!!」

今度は弟の手がトール自身を掴んだ。

「う、あぁ!!」

突然の刺激に、たまらず声を上げてしまう。

「…こんなにしてるじゃないか」

媚薬のような弟の言葉。

押し寄せる快感と共に思考が溶け始めてゆく。

理性を保つのは最早、限界だった。
スポンサーサイト

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sabakunoyatai.blog11.fc2.com/tb.php/328-13482b26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

6.べったり抱きつき幼児のような言葉遣いで甘える *TOP* 拍手お返事

プロフィール

すな粉

Author:すな粉
ファクト兄弟が大好きです。
トール×ユーゴに現を抜かす
日々を送っています…;

砂漠の屋台(管理人サイト)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。