FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.背中に頭をコツンと乗せ、呟いて情交を請う

村上春樹氏の「職業としての小説家」が
(まだ読みかけなのですけど)大変面白いです!!
小説家にとって難しいのは書き続ける事、
そうするためには基礎体力をつける事が
必要なのだそうです。極端に言えば、
「虫歯が痛む時に小説なんてとても書けない」と。
ううん、確かに…当り前の事が大切なんだみたいな感じ。
真面目な方なんだなあという印象を受けました^^
あの作品はこんな風に書かれていたのかと
思いながら読むのはなかなか楽しいですね♪
また何か村上氏の本買って来ようかな~。「3.背中に頭をコツンと乗せ、呟いて情交を請う」

我ながら、大胆だと思う。

相手が小さく息を呑むのが分かった。

もの凄い勢いで鼓動が鳴って、
心臓がはち切れてしまいそうな気がする。

でも、

「……ねぇ」

後戻りはできない。

したくない。

言葉は既に届いてしまっている。

「兄さん……」

大きな背中だ。

広くて、逞しくて。

こんな風に体を寄せていると、ひどく安心する。

昔は…それで十分だった。

だけど今は―

「ユーゴ」

ゆっくりと、兄が振り返る。

「…いいのか?」

躊躇いがちな口調とは裏腹に、
瞳の奥に揺らめく情欲の色。

求めているのだ―兄も。

ユーゴはその視線を受け止めながら、
静かに頷いた。
スポンサーサイト

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sabakunoyatai.blog11.fc2.com/tb.php/325-d56c7d90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

4.どこに出したい?ティッシュ?手の中?それとも…? *TOP* 2.押し倒して瞼にキスする

プロフィール

すな粉

Author:すな粉
ファクト兄弟が大好きです。
トール×ユーゴに現を抜かす
日々を送っています…;

砂漠の屋台(管理人サイト)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。